【Event Report】見て、学んで、美味しくて、お買い物ができる!「オーガニックライフスタイルEXPO2022」

メディア協賛した9月16日(金)から東京都浜松町で開催された、第7回目となるオーガニックライフスタイルEXPO2022を取材! こちらの展示会では食・アパレル・コスメなど様々なオーガニックライフスタイルが展示されており、続きを読む “【Event Report】見て、学んで、美味しくて、お買い物ができる!「オーガニックライフスタイルEXPO2022」”

専門家が解説★サステナブルコスメの見極め方<後編>

専門家が解説★サステナブルコスメの見極め方<前編>のつづきです 企業サイトや商品パンフレット、企業のサステナビリティレポートなどで見る ブランドがいかにサステナビリティ・生物多様性などに配慮しているか、原料~生産~販売~続きを読む “専門家が解説★サステナブルコスメの見極め方<後編>”

専門家が解説★サステナブルコスメの見極め方<前編>

(※本記事は、2022年8月時点の内容です。更新内容があれば都度最新コラムなどでアップします) オーガニックコスメ同様、サステナブルコスメにも明確な定義はありません。単に「オーガニック=サステナブル」とも言い難く、サステ続きを読む “専門家が解説★サステナブルコスメの見極め方<前編>”

海だけでない!プラスチック問題が及ぼす影響

8月12日は、「世界ゾウの日」でした。化粧品とはそれ自体関係ありませんが、スリランカでゾウやシカが廃プラスチックの被害にあっていることを受け、今回は海だけでないプラスチック問題を紹介。 プラスチックに関する規制はすでに各続きを読む “海だけでない!プラスチック問題が及ぼす影響”

アップサイクルが化粧品業界でもトレンド?生活者が見るべきポイントとは?

昨今サステナビリティの観点で、アップサイクルがすっかりトレンドに。このトレンドは編集部でもかねてより予想はしていましたが、化粧品メーカーというより、(化粧品を製造してメーカーに納品する)OEMメーカーの間で一大トレンドと続きを読む “アップサイクルが化粧品業界でもトレンド?生活者が見るべきポイントとは?”

6月8日は「世界海の日」。化粧品でもできることを考えよう

本日6月8日は、国連が定める「世界海の日」。グローバルで直面している海洋に関する課題(乱獲・海洋汚染・海洋資源の持続可能な調達・網やプラスチックなどの海洋ごみ・・・などなど)の認識を高める日です。 それぞれ深刻な問題です続きを読む “6月8日は「世界海の日」。化粧品でもできることを考えよう”

【決定版】5月22日は生物多様性の日。化粧品と生物多様性の関りを今一度見直そう

5/22生物多様性の日に、化粧品産業との関りを再チェック 前身のサイトbeaute d’Orから、化粧品と生物多様性の関りについて注目してきましたが、ここにきて、改めていま生物多様性が大注目されています。なぜ続きを読む “【決定版】5月22日は生物多様性の日。化粧品と生物多様性の関りを今一度見直そう”

温室効果ガス削減・・化粧品でできることとは?

環境省が今日、国内の温室効果ガス排出量推移を発表しました。昨年のCOP26では、日本を含めた先進主要国がそれぞれに排出削減目標を公言。日本では、2030年までに(2013年度までに)46%削減する目標です。環境省が今日公続きを読む “温室効果ガス削減・・化粧品でできることとは?”

“海に溶けるプラ”まで!プラスチック問題最新事情を解説

政府がプラスチック使用量減少を企業に促す法律「プラスチック資源循環促進法」を4月に施行することが決まり、より消費者や投資家からの目が厳しくなるといわれています。これまで述べてきたように、この法律では特に化粧品に関する言及続きを読む ““海に溶けるプラ”まで!プラスチック問題最新事情を解説”

聞くに聞けない「プラスチック問題」の真意とは? ~「プラスチックに係る資源循環の促進に関する法律」が来春に試行~

ニュースなどで、マイクロプラスチックの問題のみが表面的にクローズアップされています。まずは、プラスチックを削減する目的をしっかり理解する必要があります。プラスチックごみ問題への取り組みの必要性は、海洋汚染が根本にあります続きを読む “聞くに聞けない「プラスチック問題」の真意とは? ~「プラスチックに係る資源循環の促進に関する法律」が来春に試行~”