温室効果ガス削減・・化粧品でできることとは?

環境省が今日、国内の温室効果ガス排出量推移を発表しました。昨年のCOP26では、日本を含めた先進主要国がそれぞれに排出削減目標を公言。日本では、2030年までに(2013年度までに)46%削減する目標です。環境省が今日公表したデータによれば、2020年度の排出量が前年度比で5.1%減となり、その2013年度比では18.4%減となりました。順調といえば順調かもしれませんが、まだまだ・・というところではないでしょうか。これからさらに様々な業界で削減の動きが加速してくるでしょう。

化粧品は製造業の部類に属しますが、その製造業は温室効果ガス排出においては現状約38%関係しています。その38%のうち、化粧品業界が何パーセントかは未知数ですが、化粧品でも確実に配慮できることがあります。

まず、化粧品のどういったところから温室効果ガスが出ているか考えてみましょう。
ナチュラル原料を採用する際、化学肥料などを使用することにより窒素やリンが排出されることがあります。実はCO2以上に問題といわれています。また、その原料や輸入化粧品の運搬時、国内製造においてはエネルギー問題、店舗運営、パッケージなどの廃棄などで多くの温室効果ガスが排出されます。
化粧品と温室効果ガス削減って、一見遠いように思われがちですが、消費者の皆さんがこれらの問題に配慮した企業やブランドの商品を選ぶだけで確実に排出量削減につながります❣ 主な化粧品ユーザーである女性の消費行動は、サステナビリティ達成への近道といわれています。まずはご自身のお使いのブランドを見直したり、メーカーに問い合わせたり、新しい商品にトライするときは、こういったサステナブルな視点をもって商品選択をしてきましょう★

“海に溶けるプラ”まで!プラスチック問題最新事情を解説

政府がプラスチック使用量減少を企業に促す法律「プラスチック資源循環促進法」を4月に施行することが決まり、より消費者や投資家からの目が厳しくなるといわれています。これまで述べてきたように、この法律では特に化粧品に関する言及はされていません。業界では、いわゆる表面的なプラスチック問題が隆起して以降、容器や包装を見直し、バイオマスプラやほかの素材に代替する方針が多くの企業で見られています。化粧品成分の中に含まれるプラスチック由来成分については、認知はまだまだ低いとみられますが、プラスチックに限らず、配合成分のうち、どの成分が環境負荷がかかっているかなど企業が判別することができないということも問題です。実際、化粧品がどの程度海洋プラスチック問題に関係しているかどうかはどこも出していませんが(というか出せない)、確かに化粧品の容器が海に漂っているという報告もあります。少しでも替えられるものは替えることが、地球環境の保全のためには必要で、環境負荷の低い容器や包装、もしくは成分を採用している化粧品を選ぶことが一般の方において少しでもできることになります。

海中のプラスチックごみが生物や経済に与える影響はとても大きく、世界的に関心を集めています。中国やEUも、使い捨てプラスチックの利用を制限する方針を表明しています。ある専門データによれば、海洋や土壌などで微生物によって分解される生分解性プラスチックの生産量は、2026年には2021年の3.4倍に増えるといわれているほど、注目されています。
このほど、素材メーカーであるカネカが、海洋に投棄されても6ヶ月から2年の間で9割以上が微生物などに分解されるという海洋生分解性プラスチック ”海で溶けるプラ”の生産能力を増強すると発表し、話題になっています。価格は通常のプラスチックの二倍はするが、昨今の”脱プラ”の流れから、多くの需要が見込まれています。この製品は100%植物由来で、現段階では強度において課題が残るが、独自開発した微生物に植物油を与えて、体内にプラスチックを溜め込ませそれを回収してつくる手法に、大変めずらしさを感じます。しかし、コンポストでしか分解できず、海や土壌に投棄した場合長年分解されない物もあるという現実もあり、企業がイメージアップのためにこのような製品の採用を拡大した場合、環境負荷軽減の効果が発揮されなくなってしまうことが懸念されています。また、強度という点においては、すぐには化粧品の容器として採用することは難しいでしょう。

法律の施行により、”過剰な”反応を見せるのではなく、自分にとってどのような判断をとるか(脱プラなのか、環境に配慮しながらプラとうまく付き合うかなど)、個々の多様判断にゆだねられます。
この機会に一度プラスチック問題を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

Hello❣️2022✨

2021年9月1日に皆様にお披露目したこのEco Beaute🌱おかげさまでたくさんの方に知っていただけました✨

今年はもっとサステナブルビューティが浸透しますように🌏✨💄
そして、今年からはいよいよ、コスメはいうまでもなく、サステナブルな領域でキレイと健康を目指せるジャンルも少しずつご紹介していきたいと思います🎵お楽しみに💕

ぜひアンバサダー皆様のご協力をお願いいたします❣️

本年もどうぞよろしくお願いいたします😉

聞くに聞けない「プラスチック問題」の真意とは? ~「プラスチックに係る資源循環の促進に関する法律」が来春に試行~

ニュースなどで、マイクロプラスチックの問題のみが表面的にクローズアップされています。まずは、プラスチックを削減する目的をしっかり理解する必要があります。プラスチックごみ問題への取り組みの必要性は、海洋汚染が根本にあります。

海のプラスチックゴミは、8割以上が陸からきたものといわれています。
レジ袋やペットボトル、使い捨ての食器、商品のパッケージなど、使い捨てにされるプラスチックがポイ捨てされたり、これらに化粧品のパッケージなどももちろん含まれます。屋外に放置されたりすると、雨や風によって河川に入り、海に流れ出てしまいます。
日本のプラごみ排出量は世界第5位で、1年間に1人あたり平均38キロ排出しているといわれています。よく見ると、身近な商品でプラスチックのものはたくさん見かけるでしょう。残念ながら、プラスチックゴミの排出は、日本が全体の18%をしめています。化粧品においては、ビーチなどで使用するUVクリームが悪意なく容器ごと波に攫われたり、UVクリームを塗布した状態で海などに入ると成分が水に溶けだし、成分中に含まれるマイクロビーズ(マイクロプラスチックになりえる)が水中に流れ出ます。こういったことにより、海洋汚染の原因となります。
これらのプラスチックゴミが海に流れ、海の生物が誤飲し死亡。また絶滅危惧種が増えることで、生物多様性が脅かされます。少なくとも約700種の海洋生物が誤飲などさまざまな被害を受けています。
プラスチックごみを誤飲して体内に取り込んでしまった個体の比率は、ウミガメで52%、海鳥では90%と言われています。プラスチックは消化されずに生物の胃袋の中に溜まり続けるため、海の生物は”満腹である”と勘違いしてしまい、食事を取らずに餓死してしまうこともあるそうです。
さらに、プラスチック問題により絶滅危惧種の増加が起こることが懸念されます。これが、プラスチック問題の根源です。私たちがプラスチックを削減する目的は、海の生物多様性を守るためです。
生物多様性のために、プラスチック削減に取り組みましょう。

化粧品のみならず、いま各業界で脱プラ施策として、サトウキビなど植物由来のバイオマスプラスチックに変える企業が増えています。
確かにバイオマスプラスチックは生分解性が高いので良いのですが、バイオマスプラスチックの容器をそのまま燃えるゴミとして捨てることや、単に土に埋める・いわゆるプラスチックではないから海に捨ててしまうなどは厳禁です!燃やせばCO2は出るし、バイオマスプラスチックは、専門の堆肥化施設に持っていかないと、土には戻りません!堆肥化施設についても、国内にあるのかどうかまだ調査しきれていません。(また、その土できちんとまた植物を育てることができるかということは、現段階ではどこも調査されていません。)バイオマスプラスチックだって、海に流れれば、マイクロプラスチックになりえるのです。

今年から環境省が推し進めているプラスチック対策として、来春には「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」が施行され、みながこぞってプラスチック問題に取り組み、その真意を無視して、化粧品業界で広がっているウォッシュという現象(実態が伴わないのに公言してしまうこと)が増長しかねません。
この法律も守ることが目標になってしまい、上記のバイオマスプラスチックの堆肥化の問題もそうですが、本来のプラスチックを削減する根底がうやむやになってしまうことが危惧されます。消費者の皆さんには、単に”プラスチックが悪”と思わず、ぜひ正しい選択・見定めをお願いします。

化粧品で少しでもできることがあります。
・過剰包装のない商品を買うこと
・使い切れる分だけ購入して大切に使うこと
・詰め替え製品を使うこと
・決められた処理、回収方法を守ること
・メーカーなどの容器回収キャンペーンなどにできるだけ参加してみる
・バイオマスプラスチックだからといって、過信しない

化粧品を使った後のことも考えて、少しでも海の生物多様性を目指しましょう!⭐️

10月16日は世界食糧デー。コスメでもフードロスの解決になる?!

10月16日は、国連が定めた世界の食糧問題を考える日「世界食糧デー」。世界の深刻な問題である飢餓、栄養失調、極度の貧困を解決することが目的です。これらの問題の解決に向けて、10月は一人一人が協力し合い行動することが求められる一か月となります。

先進国では、経済格差による貧困の差を無くすとともに、まだ食べられるのに廃棄されているフードロス問題の解決に取り組む必要が。フード分野では、賞味期限の問題や、野菜の皮などのこれまで当然のように捨てられていた部分を生かした調理法(Root-to-Stem)など少しずつ進んでおり、また国内では来春施行の「グリーンライフポイント」制度によって、さらに問題解決が加速していくでしょう。(グリーンライフポイントは、食や衣料など5つの分野において環境に配慮した行動をとった個人にポイントを発行するといったもので、コスメは対象ではありません。)
それでは、フードロス解決にむけ、化粧品分野ではどのようなことができるでしょうか。

現在、世界的な問題であるフードロスに着目して、廃棄されるはずであった農産物などを加工し、化粧品原料にするというようなアップサイクルが注目され始めています。国内の事例はまだこれからですが、環境・SDGs先進国である欧米で、すでに紹介され始めています。コスメでも様々な環境配慮のテーマとリンクさせることで、新たな視点から課題解決に取り組むヒントが得られます。このように、サステナブルな原料調達をしている企業やブランドからコスメ選ぶことも、サステナブル・ビューティーの達成につながります。

10月は3R推進月間!コスメでできることとは?

10月は、3R推進月間です。環境と共存するために近年理想とされる考え方に「循環型経済圏の構築」がありますが、それに向けた取組を推進するため、関係省庁、地方公共団体、関係団体による様々な取組や行事が今月行われます。

🍃”3R”とは?🍃

改めて、3Rとは、

Reduce:廃棄物等の発生抑制
Reuse:再使用
Recycle:再生利用

です。

身近なカテゴリーのものは比較的行いやすいものですが、化粧品となるとなかなか対応しづらいでしょう。しかし、グローバルにみても、化粧品の約70%が使いきらないまま捨てられているという現状があります!
化粧品は”嗜好品”です。それでも、小さな一歩が大きな一歩となり、サステナビリティの達成に近づきます。


化粧品でもできること一例⭐

Reduce
・過剰包装のない商品を買うこと、ショップバッグを持参する
・使い切れる分だけ購入して大切に使うこと
Reuse
・詰め替え製品を使うこと
Recycle
・使用後の決められた方法で処分する
・購入した店舗に持ち込むなどして、パッケージ回収に協力する


そのほかにも、取り組めることがたくさんあります!
コスメでも、ぜひ環境問題への取り組みを盛り上げていきましょう。

OFJで見つけたサステナブルコスメ <OFJ取材レポート>

今年で6回目を迎えたオーガニックライフスタイルEXPO2021
とくに今年は「磨」エリアにたくさんの企業が出展していて、にぎわっていました✨
その中から、編集部イチオシをご紹介🌟

サステナブルコスメとしての視点でみれば、ニーズの高さも牽引して、やはり容器のアプローチが多かったと感じました。容器の転換は、ブランドとしても一番取り組みやすいポイントになります。

環境に配慮したパッケージが新しい!Asthreeヘアケアシリーズ。
このように詰め替えごと容器にしてしまうやり方がGood👍
成分にこだわり、3ステップのシンプルスキンケアシリーズ
Punica Organic

われらがEco Beauteブースでは、今話題の水素コスメがサステナブルコスメと生まれ変わり新登場したREGENシリーズをご紹介。

業界内外から大注目の「水素」のコスメ『RIGEN』

次世代エネルギーとして、いま大注目されている水素。水素は燃やせば水になることから(CO2発生がゼロ)、いまや日本ならびにグローバルでも向かっている「脱炭素社会」の実現に向けたアプローチのひとつとして、注目されています。自動車のエンジンや医療現場などでもすでに使われており、水素を発生した際に出る老廃物すらも田畑などの飼料として使えるなど、隅々までに再利用できる素材です。
化粧品では、水素を化粧品原料・成分として配合することで、水素がもともともつ高い抗酸化力により、お肌や髪を美しく整えてくれます。

REGENシリーズ一覧💄:セラム・シートマスク・オイル(肌/髪兼用)・サプリメントほか <REGENは、提携ヘアサロンまたはメーカーオフィシャルオンラインで販売中>

REGENのサステナブル・ポイント🍃

  • 可能な限り植物性原料を採用(セラムやサプリでは、サステナブル原料を87~95%採用)
  • 可能な限りプラスチック製成分・容器を排除(サプリメントのプラボトルをさとうきび由来に/シートマスクのカップとスパチュラを紙製・木製に など)
  • 多様性のニーズに合わせたユニセックスなパッケージイメージ
  • プロフェッショナル向けでは、水素により、シャンプー後の排水が水質汚染になりにくく、また大容量の詰め替えボトルに転換中
  • 企業全体の取り組みとして、国際女性支援団体などに売上の一部を寄付するなど、CSR活動も実施中

REGENについて詳細はコチラ(外部サイトへ移動します)

次回のOFJは、2022年9月16日~18日、同会場にて開催予定です。
来年もたくさんのサステナブルコスメに出会いたいですね★

OFJ2021開催!コロナ禍でも盛況 「美容×環境」への第一歩<OFJイベントレポート>

今年も 「オーガニックライフスタイルEXPO」が開催。
6回目の開催となり、開催当初と比べてとても大きな規模でのイベントに!

昨年に引き続き、浜松町の明るい雰囲気の会場での開催となりました。
beaute d’Orとして2017年に出展して以来でしたが、ブースへたくさんの方にご来場いただきました!
美容と環境、それぞれに興味はあっても二つを同時に考える人はまだまだ多くはありません。
今年は、そんな方々の視野を広げるきっかけになったのではないでしょうか。

いまや、環境問題や持続可能性(サステナビリティ)を意識して生活、そして消費することは、世界ではすでに当たり前のことになっています。美容と環境というテーマについてマルチな視点を持つことで、より良い暮らしを作っていきましょう。

ご来場いただいた方々、どうもありがとうございました。
コスメの「磨」エリアなどのレポートもお楽しみに♪

グリーンライフポイントからみる、コスメとプラスチック問題

つい先日ニュースで発表された「グリーンライフ・ポイント」。
販売期限が近い食品を積極的に購入したり簡易包装の商品を選択したりすることで獲得できるポイントをいい、世界ではすでにトレンドとなっている「サステナビリティ」に追いつくため、日本でもプラスチック問題を解決するための施策の一つです。

日本では、プラスチックの生産量が世界第3位(2017年時点)。また、1人当たりの容器包装プラスチックごみの発生量は2018年には世界第2位となっており、プラスチックは非常に身近な存在といえます。メーカーも一般消費者も、プラスチック容器の代替品を望む傾向にあるものの、なかなか難しい場合も多いです。プラスチックをもはや”悪”とする企業や人々も出てくる中、レスやゼロにすることがすべてとは言えません。プラスチック自体は、当時ビンやガラスなどの代替として、大革命的な存在でした。特に化粧品では、パッケージの側面でいえば、容器が軽量化するだけでなく、化粧品としてふさわしい多様性のあるデザインやカラーが表現できるようになりました。また、化粧品の場合では、容器だけでなく、成分についても注目しなければなりません。

このグリーンライフポイントは、環境に配慮するのは価格の面で難しいと感じていた人たちにとって、すでに企業が提携しているポイントシステムを活用することができるため、自分のお気に入りの店で買い物しながらサステナブルな活動をすることにも繋がるという点においては、非常に賛同できる内容です。ただ意識するだけでは継続することが難しく感じられる人にとっても、このようにお得になることで習慣化できるのではないでしょうか。
ただ、この施策は特に環境の重荷になっている食、衣類、循環、住まい、移動の5分野が想定されているので、美容やコスメと関連付けて試みるにはやや難しいかもしれません。優先度が低いとは言え、「嗜好品」である化粧品がそれにとどまった見方をされていることも事実です。ただ、このエコポイントが契機となり、美容分野において環境のことを考えるための「入り口」となり得るでしょう。化粧品でもできることがあります。

業界内でも、生物多様性(=様々な種が多様に存在すること)の観点から、プラスチックについて言及している企業はまだまだ少なく、発信している企業は先進的と言えます。化粧品のプラスチック問題に少しでも貢献するには、生分解性プラスチック(バイオマスプラスチックなど)容器を作用したブランドを選ぶことや、化粧品成分に含まれる高分子ポリマーが配合されている製品を排除するようにする、などがあります。

来年4月から始まるこのグリーンライフポイント制度には、「社会全体、国民一人一人のライフスタイルの行動変容に繋げる」という狙いが込められています。この機会に、ぜひ自分の消費活動を見直し、化粧品のプラスチック問題に関しても、共に考え行動してみましょう。

国内最大級のオーガニックEXPOにて、Eco Beauteお披露目★

当サイトの前身beaute d’Orでは、今期、第6回目を迎える「オーガニックライフスタイルEXPO(OFJ)2021」に、メディア協賛❣
OFJは、美容や食のみならず、ライフスタイルに関するオーガニック製品が一同に介する、BtoBtoCの国内最大級の展示会です。
第1回次よりその思いに賛同し、メディア協賛してきたbeaute d’Orから、引き継ぎ、Eco Beauteとして今年も支援します❣

今年は、脱炭素社会実現(Co2排出量削減)に向けた世界動向また日本の政策により、農林水産省で掲げる“オーガニック3.0″(国内のオーガニック農業シェアを30%に伸ばすこと)をうけて、農林水産省との連携企画や今回初めてとなるSDGsエリアが新登場✨
もちろん、「磨」(美容)エリアも健在なので、必見💄

今回の展示会では、beaute d’Or by Myuty-Chic., Co.,Ltd.としてブースも出展❣
当サイトEco Beauteのお披露目もいたします🍃

この記事をご覧になった方限定!

同出展ブースにて、サイトの新規会員登録者(Eco Beauteアンバサダー登録)または既存会員の方に厳選したサステナブルコスメサンプルをプレゼント🎁❣(会員登録は無料)
ブースにて、スタッフへお声がけください🎵
新型コロナ感染予防対策をしっかりして、お待ちしております❣

OFJ2021

【開催概要】 ※ブースNo. 2F-15
第6回オーガニックライフスタイルEXPO(OFJ)2021/
第2回SDGsライフスタイルフォーラム
会 期:2021年9月16日(木)・17日(金)・18日(土)全日10:00~17:00
会 場:東京都立産業貿易センター 浜松町館 2F・3F・4F・5F
入場料:¥1,000 (税込) <★EXPOサイトより事前登録で無料>※事前登録は9月14日(火)17:00で終了
主 催:一般社団法人 オーガニックフォーラムジャパン

*同イベントは、新型コロナ感染対策を万全にして開催されます。しかし、感染急拡大などにより、万が一政府や東京都などから指導が入った場合には、中止または延期などの措置がとられます。あらかじめ、ご了承ください。